子馬の最初の大仕事、立写真

 馬の立写真というのをご存じですか? セリ市の宣伝や競馬雑誌のPOG、オーナークラブ向けなどの、横向きの馬の写真のことです。
 今は本当に多く目にするようになりましたが、昔はあまりなかったと思います。せいぜい、月刊誌の『優駿』の表紙や『種牡馬年鑑』ぐらいだったのではないでしょうか。
 1981年8月から半年間、アメリカに行きました。『優駿』編集部に売り込みをして、アメリカの種牡馬の立写真、顔アップとフリー写真のコーナーをいただいたのです。当時はまだ、外国の馬の情報は珍しく、喜んで応援してくださいました。
 アメリカでは、社台グループのスタッフ、スーザンさんの協力で、セクレタリアト、ニジンスキー、シアトルスルー、アファームド、アリダー等、蒼々たるメンバーを撮ることができました。また、アメリカの写真家の第一人者、トニー・レオナルド氏の撮影現場を見せていただいたのも、よい経験でした。
 さて、話を戻しましょう。馬をじっとさせておいて写真を撮るのは、走りを撮るより大変なことです。しかも、決まったポーズをとらせなくてはなりません。
 最近、私もセレクト&セレクションセール用の当歳、1歳の写真を撮らせていただきましたが、やはり馬を立たせる人の技術が一番だと感じました。
 子馬の性格を熟知し、当歳の場合は付き添いの母馬の位置を調整しながら、最低3人がかりです。1歳でも、相棒がいなければ難しい馬もいて、3~4人がかりの大仕事になります。昔は、1時間かけても撮れず、翌日仕切り直したこともありました。今、日本のホースマンの技術は、世界一だと思います。
 牧場の方の苦労の末に撮った立写真の中から、さあ、未来のダービー馬、オークス馬を探してみてください!

*セレクトセールは7月8~9日、セレクションセールは7月16日に開催予定です。
*写真の馬の生産はすべて、桑田牧場です。

6月20日 内藤律子
 

セレクトセール No.48
スカイノダンの2018・牡

01.jpg

後ろ足はOK、前足を動かします

02.jpg

バッチリです。さすが1歳

セレクトセール No.375
ショウナンアクトの2019・牡

03.jpg

足をサッと上げて爪のお手入れ。もう慣れたものです

04.jpg


お母さんと一緒に撮影ポイントへ

05.jpg

上手に立てました

セレクトセール No.426
デプロマトウショウの2019・牡

06.jpg

白い足の馬は気を遣います

07.jpg

さあ、モクシを変えて、おめかしです

08.jpg

最低でも3人がかり。左の女性は耳を立たせる係です

09.jpg

足元も綺麗ですね

セレクションセール No.119
ショウナンガッドの2018・牡

10.jpg

1歳馬は、首の線を綺麗に見せるために、たてがみをテープで止めます

11.jpg

ほら、たてがみがなくなったでしょ